1. キャッシング比較トップ
  2. 記事一覧
  3. アコムの増額審査に影響する4つの項目と申請前に確認しておくこと

アコムの増額審査に影響する4つの項目と申請前に確認しておくこと

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。

この記事の目次

  1. アコムの増額審査で確認される4項目
  2. 増額審査を受ける際の注意点
  3. 増額審査が不安なときの対処法
  4. まとめ

この記事はこんな人におすすめ

  • アコムの限度額をすべて使ってしまった
  • 追加で借りたいので増額を検討している
  • でも、増額審査に落ちないか不安・・・。

アコムからお金を借りようとしたら、限度額がいっぱいで借りられなかった。このような場合に検討するのが増額です。しかし、増額をするには、審査に通過する必要があります。

増額を検討している人の中には、「増額審査に通過するのか不安」と感じている人もいるでしょう。今回は、アコムの増額審査で、どのような点が確認されているのか解説します。

そのほか、増額審査を受ける際にあらかじめ確認しておきたいポイントについても紹介しますので、まずは参考にしてみてください。

アコムの増額審査で確認される4項目

増額審査が行われる理由は、増額をすることで、利用者にとって無理な借入にならないかを確認するためです。その根拠となる情報を増額審査で確認します。

限度額を増額するほど、アコムは融資する金額が上がります。そうなると、利用者が無理な借入をして返済をされなかった際のリスクも高まるのです。

もちろん、新規契約の際にも審査はあります。しかし、あらためて増額できるのか、その人のステータスは変更していないかという点を踏まえて、審査を行うのです。

増額審査で確認される5項目

  • 個人情報に変更がないか
  • 収入状況は安定しているか
  • アコムの利用状況は良好か
  • 信用情報は悪化していないか
  • 他社からの借入があるか

1.個人情報に変更がないか

まず確認されるポイントは、氏名・住所・電話番号といった個人情報です。増額という言葉から、単に利用限度額を増やすだけと思うかもしれません。

しかし、増額もきちんとした契約の上で成り立っています。お金に関する契約をする以上は、利用者の個人情報は把握しておく必要があるのです。

なお、情報が変更となっていた場合は、その時点でアコムに変更届を出しておく必要があります。会員ページログイン後の「各種変更のお手続き」から変更しておきましょう。

2.収入状況は安定しているか

増額の際、収入状況もあらためて確認されます。収入状況とは、具体的に年収・勤務先などです。

増額をして借入額が増えると、もちろん返済額も増えます。そのため、毎月余裕を持って返済をする力があるのか、年収から確認するのです。もし年収があがっているのであれば、追加で借りても返済可能だと判断されるでしょう。

一方で、収入が減ってしまった人や、収入に変わりがなく既に年収に対して借入額が多い人は、増額できない可能性があるでしょう。

3.アコムの利用状況は良好か

増額審査では、アコムの利用状況を確認されます。利用状況とは、アコムで借りて返済をしているという記録です。

アコムは、「借りたお金をきちんと返済する人」でないと、追加で融資したくありません。返済できない人に追加で融資するのは、貸し倒れのリスクがあるからです。

そもそも増額というのは、利用実績に応じて行われるものです。まったく借入の記録がない人の増額もよしとしません。

4.信用情報は悪化していないか

アコムの増額審査を受ける際は信用情報が確認されます。信用情報とは、カードローンやクレジットカードの利用履歴(借入・返済の記録)が登録されている個人情報です。

この信用情報に、返済遅延の記録があると、増額審査に影響します。他のカードローンやクレジットカードといえど、返済の遅れに変わりありません。

返済能力がない人と認識される可能性があり、そうなった場合は増額するのは返済されないリスクがあるとして断られてしまうのです。

5.他社からの借入があるか

増額審査では、他社からの借入件数および借入金額も確認されます。信用情報に他社での借入情報は登録されているのでアコムは分かるのです。

他社借入があまりにも多いと、アコムの増額審査は落ちてしまいます。借入があるということは、返済があるということ。追加で借りても返済する余力がないとして断られます。

借入は合計で年収の3分の1まで

利用限度額は、どんなに良くても合計で年収の3分の1までです。これは総量規制という制度で、貸金業者が融資できるのは個人の年収の3分の1までと定められているからです。

例えば年収300万円の人は、どんなに高くても限度額は100万円になります。これが仮にアコムで限度額50万円。他社で50万円借りている場合は、増額審査に通らないでしょう。

なお、ここでいう他社とは、クレジットカードのキャッシング枠も含まれます。クレジットカードで借りていなくても限度額がある場合は審査に落ちてしまうでしょう。

増額審査を受ける際の注意点

増額審査を受ける前に認識しておきたいポイントがいくつかあります。それは収入証明書が求められたり、審査時間が長引いたりするケースがあるということです。

そのほか、審査結果が望みどおりにならないケースもあります。審査に通過しないだけではなく、最悪の場合、限度額が減ってしまうケースもあるのです。

収入証明書の提出を求められる可能性がある

アコムに限らずカードローンの増額をする際は、給与明細や源泉徴収票といった収入証明書を求められる可能性があります。

融資をする金額が大きくなるため、その人は本当に返済ができるのか、精密に調査するため収入証明書を求めるのです。

具体的には、以下の場合アコムから収入証明書を求められるので、念頭に置いておきましょう。

年収確認が必要なケース
・当社のご利用限度額が50万円を超える場合
・当社のご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円を超える場合
・既にご提出済の収入証明書類が3年以上経過している場合
・お借入れの上限額が契約極度額未満の場合(ご延滞でお借入れが制限されている方を除く)
・ご契約極度額の増額審査をご希望の場合 等

出典:【アコム公式】収入証明書のご提出について|カードローン・キャッシングならアコム

審査結果が出るまでに時間がかかる場合がある

アコムの増額審査は原則当日回答となっています。ただし、申し込み時間や審査内容によっては時間が延びる場合もあります。

新規契約の際は最短30分審査と記載があるものの、増額ではそのような記載がないため、時間がかかると考えておいた方が良いでしょう。

そもそも新規契約のときよりも、融資する金額が増えるため、アコム側も慎重に増額審査を行うと思っておいてください。

必ずしも増額審査に通過するわけではない

申請をしたら、必ず利用限度額が増えるわけではありません。その人の収入状況や借り入れ状況に見合わないものであれば、増額は失敗となります。

新規契約の際の審査と増額審査は全くの別物です。新規契約の際に結果が良かったからと優遇されるものではありません。利用者の状況が悪くなっている場合は、それ相応の対応がとられます。

限度額が減らされる可能性もある

増額審査の結果、利用限度額が減らされてしまったというケースもあります。例えば、新規契約のときよりも年収が減ってしまった人は注意が必要です。

増額申請をする際に、前にいた会社と変わりがないか、収入に変わりはないのかという点を調査されます。もし万が一年収が減っていた場合は、増額はおろか今の利用限度額と年収が釣り合っていないとして、限度額を減らされてしまうのです。

また、他社借入の状況もあらためて確認されます。信用情報を確認して、他社からの借入が増えている場合は、「これ以上融資するのは返済されないリスクがある」という判断になり、限度額を減らされてしまう可能性もあるのです。

最悪の場合は利用停止になる可能性も

これまでカードローンやクレジットカードの返済で遅延したことがある人は、アコムへの増額申請を考え直した方が良いかもしれません。

増額申請をすると信用情報の照会が再びされてしまいます。その際にアコムだけではなくて利用しているクレジットカードの履歴も確認されるのです。

もし極端に返済遅延を繰り返している記録が残っていると、返済能力のない人物だという認識をされてしまい、場合によっては利用停止になる可能性もあるのです。

増額審査が不安なときの対処法

・申請して利用限度額が減らされたらどうしよう...
・増額審査には時間がかかってしまうかも?
・自分のステータスに自信を持てない

どうしてもお金を用意する必要があるのに、増額申請をして望まない結果になったらどうしようと考えている方もいると思います。

このような方は、なるべく増額失敗にならないように、対策をとっておく必要があるでしょう。

期間を空けてクレヒスを良好にする

アコムで新規契約をしたばかりの人は期間を空けた方が良いでしょう。増額というのは、その人の利用実績に基づいて行われます。

借りたお金をきちんと返してることが、増額の前提条件です。返済に遅れた人だけではなくて全く借り入れの実績がない人も評価されません。

目安としては、新規契約から6ヶ月以上経っていることが望ましいです。その間お金を借入してきちんと返済しているということが大切です。

別のカードローンに新規で申込みを行う

どうしても「今のアコムの限度額を減らすことは嫌だ」と感じている人は、別のカードローンを検討してみるのが良いでしょう。

利用限度額はあくまで審査で導かれるものです。審査の基準はアコムしか分からないので、少しでも限度額が減る可能性を排除するなら、他のカードローンをご検討ください。

簡易審査があるカードローンを検討しよう

大手消費者金融であれば、新規契約のページに簡易診断というものが用意されています。いくつかの項目を入力することで、借りられるかどうかの推測をしてもらえるのです。

もちろん、この項目の中には他社借入額の入力も含まれています。アコムを利用しているという条件を踏まえて、借りられるかどうかが分かるのです。

ちなみに簡易診断は、本番の審査ではないので、申し込み前に試してみるのが良いでしょう。

具体的には以下の消費者金融がおすすめです。簡易診断だけではなくて、新規契約をする方限定で無利息期間を利用することができるので、利息も削減できます。

プロミス

はじめてプロミスで借りる方は、メールアドレスの登録とWEB明細のご利用で、初回借入から30日間利息がかかりません。少ない入力項目で手続きが可能、最短1時間で借りられる場合もあります。

実質年率 審査時間 無利息期間
4.5%~17.8% 最短30分 30日

アイフル

インターネット申し込み後、電話をすることで、優先的に審査してもらうことも可能。最短で即日融資も可能です。借りられるかどうかを簡易的に判断できる「1秒診断」もあるので、気になった方は試してみてください。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短30分 30日

まとめ

アコムの増額審査で確認されるポイントは主に4つです。新規契約のときの情報に変更がないか、またアコムの利用実績はどうなのかという点を確認してきます。

増額審査で確認される項目

  • 個人情報に変更がないか
  • 収入状況は安定しているか
  • アコムの利用状況は良好か
  • 信用情報は悪化していないか
  • 他社からの借入があるか

増額審査をする際にも信用情報は確認されます。信用情報に返済に遅れたという記録があると、返済能力がない人なのではないかとアコムは懸念します。

その他、他社での借り入れ金額が多くなっていたり、他社で返済の遅延をしていたりする情報も増額審査の際に明らかになるのです。

利用状況が悪い場合は、現場の利用限度額が減ってしまう可能性もあるのでその点も注意しておきましょう。

あなたにぴったりのカードローンを探す

SMBCモビット

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

レイクALSA

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

Webで申込むと60日間無利息!

※初めてなら初回契約翌日から無利息

※無利息期間経過後は通常金利適用。

※30日間無利息、180日間無利息と併用不可。

※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。

※ご契約額が200万超えの方は30日無利息のみになります。

※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

≪貸付条件≫

融資限度額 1万円~500万円

貸付利率 4.5%~18.0%

ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方

遅延損害金(年率) 20.0%

ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング

ご返済期間・回数 最長8年、最大96回

必要書類 "運転免許証

※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)

担保・保証人 不要

※商号:新生フィナンシャル株式会社

※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン:申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。

三井住友銀行カードローン:ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

auじぶん銀行じぶんローン

誰でもコース:1.38%~17.4%

借り換えコース:0.98%~12.5%

※誰でもコースは、auユーザー限定の金利となります。また、借り換えコースは、auユーザー限定かつ借り換えの場合の金利となります。

・本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。
・本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
・本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
・当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
・本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
・口コミは個人の感想であり、必ずしも口コミと同様のサービス提供を保証するものではございません。
・規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。