1. キャッシング比較トップ
  2. 記事一覧
  3. 土日に即日融資|審査や条件・おすすめのカードローンを解説

土日に即日融資|審査や条件・おすすめのカードローンを解説

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

安部智香

短大卒業後、準大手証券会社に勤務。証券会社在職中は、約500名のお客様の資産運用のアドバイスを担当。結婚退職後は、証券会社在職中に得た知識を活かし投資による資産形成を行った後、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。現在は個人事務所を立ち上げ、個別相談、執筆業務、マネーセミナー講師として活動中。著書に「幸せなお金持ちになるマネーレッスン♪(パブラボ)」がある。

ファイナンシャルプランナー

柴沼直美

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP
証券会社アナリスト・ファンドマネジャーを経て独立。

この記事の目次

  1. 土日祝日でもカードローンの即日融資は可能
  2. 土日祝に即日融資を受ける際の注意事項
  3. 即日融資を受ける流れ
  4. 即日融資の借り方3種類
  5. 土日に即日融資を受けるためのおすすめのカードローン
  6. 大手消費者金融の審査を通過できなかった時は
  7. まとめ

土日祝日でもカードローンの即日融資は可能

image

カードローンを提供する会社としては、主に「銀行」「消費者金融」があります。銀行が土日休みであることから、土日は申込みを休止すると考えている人もいるのではないでしょうか。

実際のところは、銀行であっても消費者金融であっても土日祝日に融資を申し込むことはできます。

ただし、実際に土日に融資を受けることができるのは、銀行でなく消費者金融の方です。

消費者金融なら土日祝日でも融資が可能

結論、「アコム」「プロミス」といった大手消費者金融のカードローンであれば最短即日融資が可能です。

休日の急な出費で困っている場合は、CMや広告で名前が知られた消費者金融を利用することをおすすめします。

審査時間は最短で30分

アコム・プロミス・アイフルの大手3社をはじめ、一部の消費者金融では「最短30分審査」を売りにしています。

申込内容に不備が無ければ申込み~融資までが最短60分で終わるため、金曜、土曜日の夕方や夜に申し込んだとしても即日で融資を受けられる可能性があるのです

銀行は土日は営業していない

一方銀行カードローンは土日でも申込をすることはできますが、実際にお金が手元に来るのは週明けの平日となります。

銀行系カードローンは消費者金融に比べて金利が低いのがメリットとなっていますので、数日待つことができるなら銀行系カードローンを選択肢に入れましょう

そもそも銀行は即日融資不可能

仮に平日に銀行系カードローンに申し込んだとしても、即日融資を受けることはできません。

銀行では現在、申込者の情報を「警察庁のデータベース」と照会するという義務があります。この手続きは当日中には完了しませんので、1日~数日の待期期間が必要です。

銀行でカードローンを利用するなら、最低数日~1週間はみておきましょう。

土日祝に即日融資を受ける際の注意事項

消費者金融を利用すれば、土日祝日に最短で即日融資を受けることが可能です。

しかし、銀行系カードローンと同じように厳格な審査を通過する必要があることには変わりありません。できるだけ即日融資の可能性を高めるためには、審査がストップしないように準備を進めることが肝心です。

必要書類を事前に準備をしておく

カードローンの審査では、本人確認書類を提出する必要があります。

必要書類に不備があると審査が完了せず、審査時間を過ぎて融資に間に合わない可能性があるので、申し込み前に予め用意しておくことが望ましいでしょう。

必要書類

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)
  • 収入証明書(※50万円以上の借入を希望する場合のみ)

土日祝でも「在籍確認」は必要

image

土日祝日に即日融資を受けたい場合かなり重要になってくるのが「土日祝でも会社が開いているか」です。

というのも、カードローンの審査では「在籍確認」というものがあり、本当に働いているのかを直接電話によって確かめる工程があるためです

ですので、もし土日祝日に会社が開いていない場合は在籍確認を行うことができず、即日融資を受けることが不可能となってしまいます。

とはいえ、土日祝日が定休日になっている方は多くいますので、そういった方は電話以外の方法で在籍確認を行ってくれるキャッシング会社を選びましょう。

大手キャッシング会社の中でも「SMBCモビット」「アイフル」書類提出のみで在籍確認に対応してくれる場合がありますので、どうしても土日にお金が必要な方は検討してみてください。

SMBCモビット

SMBCモビットなら、手続きがスピーディーに行えます。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の銀行口座があれば、申し込みからご利用までWEBで完結!WEB完結なら電話が来ることはありません。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短30分 -

アイフル

インターネット申し込み後、電話をすることで、優先的に審査してもらうことも可能。最短で即日融資も可能です。借りられるかどうかを簡易的に判断できる「1秒診断」もあるので、気になった方は試してみてください。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短30分 30日

審査時間の目安は21:00まで

最短即日融資が可能な消費者金融では、契約後の振込みに関しては24時間いつでも受け付けるサービスを展開しています。

ただし「審査時間」に関しては、申し込み時間や融資の時間とは別に設定されてることに注意が必要です

多くの消費者金融では、審査時間が9:00~21:00で設定されています。申し込みから融資まで最短で1時間を考えると、どんなに遅くても20時には申し込みを終わらせないと即日融資はできません。

申し込みに不備があったり混みあったりする場合は、1時間で終わらないこともあるでしょう。できるだけ即日融資できる可能性を上げるなら、遅くとも18時までには申し込みを完了させるべきです。

即日融資を受ける流れ

スムーズに即日融資を受けるためには、申し込みの流れを把握しておくことが重要です。どこのキャッシング会社でも申し込みの流れは変わりませんので、ここでは一般的な申し込みの流れを解説します。

  1. 1.インターネット申し込み
  2. 2.必要書類提出
  3. 3.審査
  4. 4.契約
  5. 5.借り入れ

手順1 │ インターネット申込み

カードローンの申し込みの方法は



    ・インターネット申し込み
    ・電話申し込み
    ・窓口での申し込み
    ・郵送での申し込み
    ・無人契約機


等があります。即日融資を受けるなら、 おすすめは「インターネット申し込み」です。

電話や窓口のように待たされることもなく、無人契約機まで移動する時間も短縮できます。カードレス取引を選べばATMに移動する必要もなく、手続きを簡単化させることが可能です。

手順2 │ 必要書類提出

image

審査にあたって、申込内容と相違がないことを確認するため、本人確認書類の提出が必要です。以下に、プロミスで提出を求められる本人確認書類を紹介します

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

契約手続きの内容によってはマイナンバーカード(通知カードは利用不可)や住民基本台帳カードでも審査を行うことができます。

借入れ希望額が50万円を超える場合または借入希望額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合は、併せて以下の書類の提出も必要です。

借入希望額が50万円を超えるまたは他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

必要書類

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)

いずれか1点 ※いずれも最新の書類

手順3 │ 審査

申込内容から融資の可否を判断する審査を行います。

申し込んだ内容を数値化してスコアをつけて自動的に合否を判定する審査と、在籍確認などの申込内容に虚偽や相違がないかを人の手で確認する審査に分かれるのが特徴です。

手順4 │ 契約

上記2つを通過できれば、晴れて審査完了です。契約は、全てwebで完結してカードを発行しないタイプと、店舗や無人契約機に来店してカードを受け取るタイプに分かれています。

急ぎで融資を受けたい場合や、自宅に契約書類の郵送をしてほしく無い場合は、全てをwebで完結させるカードレス契約がおすすめです。

カードなしで申し込んだ場合、あとからカードありに切り替えることも可能です。

安部智香

ファイナンシャルプランナー|安部智香

WEB申込と合わせて無人店舗の活用も◎

本来はお金を借りようと思った時は、計画を立てて余裕をもって借りるようにしたいもの。でも、土日祝日や急にお金が必要になることもあるでしょう。そのような時には、店舗が開いていない時にも利用できるWEB申込や無人店舗を利用するのも一つの方法です。

即日融資の借り方3種類

契約が完了すれば、あとはPCやスマホ、ローンカードを利用してお金を引き出せば即日融資は完了です。

土日祝日に即日融資を受けるためのポイントを3つ紹介します。

振込融資を利用する

自宅にいながら即日融資を受けられる代表的な方法は、振込み融資を申し込むことです。大手の消費者金融であれば、提携している金融機関の口座を登録~振込依頼をすることで瞬時に振込みが完了します。

24時間365日、メンテナンス時間を除いていつでも融資を受けることができるだけでなく、契約手続きもスマホやPC1つあれば完結します。カードレスで契約をすれば、カードに郵送を待たずに取引が可能です。

カードを使いATMでキャッシングをする

自動契約機(無人店舗)を利用することで、土日であってもカードを受け取って最短即日融資を受けることができます。

コンビニATMで融資を受けられるため、コンビニを頻繁に利用する人にはおすすめです。消費者金融が提携する銀行口座を持っていない場合はwebでの即日融資ができないことから、振込に適した口座がない場合もカード発行することになるでしょう。

スマホアプリを使って借入れを行う

「プロミス」「アイフル」などでは、スマホアプリを使って融資を受けられます。カード発行も不要で、全国のセブン銀行ATMから即借り入れできるのが特徴です。

入金・出金共にATMで完結するため、お近くにセブンイレブンがある人にとっては利便性が高いシステムと言えます。

土日に即日融資を受けるためのおすすめのカードローン

数あるカードローンの中でも、土日祝日に即日融資ができるのは多くありません

今回は即日融資に対応した消費者金融として「SMBCモビット」「プロミス」「アイフル」「アコム」の4社を紹介します。

SMBCモビット|在籍確認の電話が不安な人に

SMBCモビット

SMBCモビットなら、手続きがスピーディーに行えます。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の銀行口座があれば、申し込みからご利用までWEBで完結!WEB完結なら電話が来ることはありません。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短30分 -

土日祝日に即日融資で借りようとした場合、もっともネックなのは在籍確認でしょう。先述しましたが、会社が休みで電話に出れない場合、在籍確認が完了しないからです

SMBCモビットのWeb完結申し込みであれば、在籍確認の方法を電話でなく書類に変更することができます。

会社への電話をどうしても避けたいという場合には検討してみてください。

ただし、あくまで電話での在籍確認が行われないだけであって、在籍確認自体がなくなるわけではありません。

プロミス|自分の口座への振込融資を希望の人に

プロミス

はじめてプロミスで借りる方は、メールアドレスの登録とWEB明細のご利用で、初回借入から30日間利息がかかりません。少ない入力項目で手続きが可能、最短1時間で借りられる場合もあります。

実質年率 審査時間 無利息期間
4.5%~17.8% 最短30分 30日

CMでも有名なプロミスでは、即日融資を受けるために有利なサービスを数多く提供していいます。

他の消費者金融に先駆けてスマホアプリで即日融資を受けられる「アプリローン」をリリースするなど先進のサービスを提供し続けている企業です。利便性・快適性を求める方には特におすすめです。

提携する口座を持っていれば10秒で融資可能

プロミスには「瞬フリ」という口座振込みサービスがあります。提携する200以上の金融機関の口座に、申し込みから約10秒で振込みしてもらうことが可能です。振込み手数料も一切かからず、土日や夜間でも利用できます。

アイフル|急ぎで審査してほしい人に

アイフル

インターネット申し込み後、電話をすることで、優先的に審査してもらうことも可能。最短で即日融資も可能です。借りられるかどうかを簡易的に判断できる「1秒診断」もあるので、気になった方は試してみてください。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短30分 30日

大手消費者金融の一角であるアイフルも、土日祝日の最短即日融資に対応しています。

他の大手消費者金融と同じく「最短30分審査」を行っているなど、急ぎで融資を受けたい方におすすめのサービスを提供しています。

また、アイフルも在籍確認を書類でも行っていますので会社が定休日の方には心強い選択肢です。

フリーダイヤルで優先的に審査してもらえる

最短30分審査を強みにしているのは大手消費者金融なら同じですが、アイフルでは申し込み後にフリーダイヤルに電話することで、電話なしの人より優先して審査を始めてもらえるサービスがあります。

少しでも急ぎで審査を開始してほしい人には、特におすすめです。

アコム|楽天銀行口座をお持ちの人に

アコム

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループのカードローン会社です。はじめてご利用の方は、契約から30日間金利がゼロ円。審査回答も最短30分で即日融資にも対応しています。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短30分 30日

アイフルプロミスにならぶ大手消費者金融としてアコムも、土日祝日の最短即日融資が可能です。

アコムの強みは知名度と利用者数の多さで、このページで紹介している消費者金融の中でもっとも多くの利用者数を誇ります。

「はじめてのアコム」というフレーズでも有名な通り、消費者金融の利用が初めてで不安を感じている人におすすめです。

楽天銀行の口座を持っていれば1分で融資が完了

アコムでは楽天銀行と提携しているため、楽天銀行の口座を持っているとスムーズに融資を受けることができます。

24時間365日いつでも融資の依頼ができるうえ、依頼から約1分で振込みが完了します。

安部智香

ファイナンシャルプランナー|安部智香

大手消費者金融は早く借りたい人のニーズに応えている

「プロミス」「アイフル」「アコム」はCMでもお馴染みの大手消費者金融ですね。土日祝日でも即日お金を借りることができるのは、早く借りたい人にとって助かります。初めて利用する場合は30日間は無利息の会社もあるので、上手に利用するといいでしょう。

大手消費者金融の審査を通過できなかった時は

上記の4社であれば土日祝日の最短即日融資が可能ですが、「審査に通過できなかった」「希望が通らなかった」等の理由で審査落ちしてしまう人もいるかもしれません。

そんな時でもお金の問題を解決する方法を2つ紹介します。

質屋で不用品を売る

どうしても即金でお金を手に入れる場合は、質屋を利用する方法があります。

土日で営業している質屋を選ぶことで、貴金属などの担保と本人確認書類さえ用意できればブラックでカードローンを作れない人でも即日融資が可能です。

ただし、最高年率が109.5%と、カードローンよりも金利が高いデメリットがあります。

返済総額は多くなるため、返せない時のことを考えて担保の商品を手放す可能性を考えておきましょう。

中小の消費者金融を利用する

大手の消費者金融の審査に通過できなかった場合、中小の消費者金融であれば審査を通過できる可能性があります。

一部の中小消費者金融であれば「即日融資可能」「初回利用時30日間利息ゼロサービス」など、大手に準じたサービスを受けることも可能です。

まとめ

今回は、土日に即日融資を受けられるカードローンを紹介しました。

できるだけ早く審査に通過したい場合は、必要書類を事前に用意しておき、SMBCモビット、アコム、アイフル、プロミスのいずれかの消費者金融に申し込むようにしましょう。

この記事のまとめ

  • 銀行系カードローンでは即日融資はできない
  • 即日融資を狙うなら大手の消費者金融がおすすめ
  • 在籍確認が完了するかが土日の即日融資のポイント
  • SMBCモビットのweb完結なら電話確認なしで在籍確認できる
  • すぐに融資を受けるならプロミスの「瞬フリ」が便利
安部智香

ファイナンシャルプランナー|安部智香

土日祝日にお金を借りたいときは大手消費者金融で

土日祝日に急にお金が必要になった時のために「どこで」「どのような手続きをするか」を知っていると慌てずに済みますね。即日融資は大手消費者金融を利用するといいでしょう。無人店舗がどこにあるのか、審査に必要な書類は何があるかなど、事前に調べておくとイザという時に安心ですね。

柴沼直美

ファイナンシャルプランナー|柴沼直美

カードローンでも審査は必須

大きな額ではないけれど、土日に急にお金が必要になった。借りる当てがない、と思ったときに真っ先に浮かぶのがカードローンです。お手軽に借りられるようなうたい文句を鵜呑みにせず、身分証明を用意して審査を通過する必要があることを知っておきましょう。皆さんのことを知らないのにお金を貸してくれるわけですから当然です。スムーズな審査通過のための心の準備はいざというときのためにとどめておきましょう。

あなたにぴったりのカードローンを探す

SMBCモビット

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

レイクALSA

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

Webで申込むと60日間無利息!

※初めてなら初回契約翌日から無利息

※無利息期間経過後は通常金利適用。

※30日間無利息、180日間無利息と併用不可。

※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。

※ご契約額が200万超えの方は30日無利息のみになります。

※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

≪貸付条件≫

融資限度額 1万円~500万円

貸付利率 4.5%~18.0%

ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方

遅延損害金(年率) 20.0%

ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング

ご返済期間・回数 最長8年、最大96回

必要書類 "運転免許証

※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)

担保・保証人 不要

※商号:新生フィナンシャル株式会社

※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号

auじぶん銀行じぶんローン

誰でもコース:1.38%~17.4%

借り換えコース:0.98%~12.5%

※誰でもコースは、auユーザー限定の金利となります。また、借り換えコースは、auユーザー限定かつ借り換えの場合の金利となります。

・本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。
・本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
・本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
・当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
・本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
・口コミは個人の感想であり、必ずしも口コミと同様のサービス提供を保証するものではございません。
・規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。