1. キャッシング比較トップ
  2. 記事一覧
  3. カードローンの在籍確認の流れと電話を回避する方法

カードローンの在籍確認の流れと電話を回避する方法

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. 在籍確認の目的=本当に働いているかの確認
  2. 在籍確認の流れ
  3. 在籍確認で審査落ちする人の共通点
  4. 在籍確認をスムーズに完了させる3つのコツ
  5. 在籍確認の電話を回避する方法
  6. まとめ

在籍確認の目的=本当に働いているかの確認

カードローン審査時の「在籍確認」とは「申告された勤務先に本当に勤めているかを確認する」ことを意味します。
審査担当者がカードローンに申し込んだ人の職場に電話をかけて行われるのが一般的です。

まずはじめに、在籍確認が実施される理由から見ていきましょう。

返済能力を確認する作業の一環として在籍確認をしている

カードローンを取り扱う消費者金融や銀行は、審査時に利用者の信用度を厳しくチェックします。

審査の途中でおこなわれる在籍確認は、「申し込み情報として申告された勤務先に本当に勤めているか?」、そして「毎月安定した収入を得ている人か?」ということを確認するためにおこなわれます。  

そのため、なんらかの事情で在籍確認が完了しないと、審査が一時ストップしたり最悪のケースとしては審査落ちしてしまうこともあります。

在籍確認は審査終盤に実施される

カードローンの審査における在籍確認は、審査の終盤でおこなわれるケースがほとんどです。

職場に在籍確認の電話がかかってきたということは、審査通過まであともう少しということですので、気を抜かずに対応するようにしましょう。

  1. 仮審査(本人情報や信用情報機関のデータ照会)
  2. 本審査(必要書類と申し込み内容の照合)
  3. 在籍確認(本審査の終盤に実施)
  4. カードローンの契約
  5. キャッシング開始

在籍確認の流れ

つぎに実際の在籍確認はどのような流れで実施されるのか、具体的に見ていきます。

「同僚にはカードローンの利用を知られたくない」という方がほとんどだと思いますので、ローン会社の名前や用件は内緒にしてもらえるのか、という点について詳しく解説します。

電話は個人名でかかってくる

カードローンの在籍確認では利用者本人のプライバシーに配慮してくれますので、消費者金融の会社名や銀行名を明かされることはありません。

また用件を尋ねられても「カードローンの審査確認でお電話しました」ということは一切言わず、あくまで「個人からかかってきた電話」という前提で確認がおこなわれます。

ただ勤務先によっては社員の安全を守るため、「個人からの電話は本人にとりつがない」というルールを定めている会社もあります。
そのようなことが事前にわかっている場合は、申し込みの際に審査担当者に事情を説明して相談しておくようにしましょう。

実際の在籍確認の会話例

在籍確認の会話例

  • 審査担当者「わたくし山田と申しますが、吉田さんはいらっしゃいますか?」
  • 勤務先「吉田は、ただいま外出しておりますが…」
  • 審査担当者「何時くらいにお戻りでしょうか?」
  • 勤務先「18時前後かと思います。折り返しお電話いたしましょうか?」
  • 審査担当者「それでしたらまたこちらからお電話させていただきます」

在籍確認の電話は、本人が勤務先で実際に仕事をしていることが確認できればいいだけですので、確認が済めば1~2分で終話します。

なお電話がかかってきたときに申し込み者が社内にいる場合は、本人が電話対応に出て在籍確認は完了となります。

派遣社員の場合はどこに電話がある?

カードローンに申し込む人のなかには、「派遣社員の場合は、派遣元か派遣先のどちらに電話がかかってくるのか?」と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

基本的には、基本的に給料を支給している「派遣元」に電話がかかってきます。

ただし、派遣社員の場合は登録だけをして実際には無職のケースもあるため、「派遣元」と「派遣先」の両方に電話をかけることもあります

在籍確認で審査落ちする人の共通点

なかには在籍確認が取れずに残念ながら審査に落ちてしまう人もいます。
では在籍確認が完了せずに審査落ちする人には、どんな共通点があるのでしょうか?

会社や本人と連絡が取れないケース

在籍確認が完了せずに審査に落ちてしまうケースとして、もっとも多いのは以下のようなケースです。

在籍確認がとれずに審査落ちするケース

  • 勤務先に電話がつながらない
  • なんらかの事情で本人の在籍が確認できなかった(取り次ぎ拒否を含む)
  • カードローンに申し込んだ本人も連絡が取れない

ちなみにカードローンの申込書に記載する「勤務先情報」に誤りがあると、在籍確認に時間がかかってしまいますし、「虚偽の申告をしたのでは?」と疑われることもあります。

くれぐれも申込書の内容は「正確に」そして「正直に」記載するようにしましょう。

在籍しているが長期休暇中のケース

会社に籍は置いているが、傷病休暇などで「無給の長期休暇」をとっているという人も審査落ちしてしまう可能性があります。

通常の有給休暇なら問題はありませんが、長期療養などで無給の休暇に入っていることがわかった場合「返済能力に問題がある」とみなされて審査に落ちてしまうため、要注意です。

さきほどの会話の流れで、通常であれば「〇〇は外出しておりますが」となりますが、長期で休んでいる場合は「現在お休みを頂戴しておりまして、次回出勤日は未定です」という回答になることが予想されます。

このようなやり取りがあると、「この人は給料をもらっていないのでは?」という疑いをかけられてしまいます。

在籍確認をスムーズに完了させる3つのコツ

在籍確認は審査の流れのなかでも、とても重要なチェックポイントですので、慎重に対応したいものです。
在籍確認をスムーズに完了してもらうための、いくつかのコツをお伝えします。

1.勤務している部署の直通電話を申告する

とくに大企業に勤務している場合は、代表の電話番号を勤務先電話番号として申告すると、所属部署につながるまでに時間がかかることがあります。

在籍確認をスムーズに完了させるためには、自部署の直通電話を登録するようにしましょう。

2.連絡がつきやすい時間帯を伝えておく

勤務先には当然休業日もありますし、電話の受付時間も限られています。

審査担当者に「電話がつながりやすい時間帯」を伝えておくと、審査もスムーズに完了するでしょう。

ただ「電話がかかってくる時間を指定する」ことは、審査の都合上認めてもらえない場合もありますので注意が必要です。

3.同僚に協力を申し出ておく

同僚にカードローンの利用を怪しまれないためにも、在籍確認の電話があることが事前にわかっている場合は、電話の協力を申し出ておきましょう。

同僚に在籍確認の協力をお願いしやすい言い訳

  • 「マイカーローンに申し込んだから、個人名で在籍確認があるかも!」
  • 「クレジットカードの在籍確認で電話が入るかもしれないからよろしくね!」

在籍確認の電話を回避する方法

どうしても職場にかかってくる電話を避けたい場合の対策についても、いくつかお伝えしておきます。

基本的に在籍確認など審査に関する不安があったら、申し込み先の審査担当者に相談するということを覚えておきましょう。

健康保険証や収入証明書で確認してもらう

カードローン会社や銀行によっては、「勤務していることを証明する書類があれば、電話をしない」としているところもあります。

勤務先で勤めていることを証明できる書類

  • 勤務先の健康保険組合から発行されている健康保険証
  • 直近の収入証明書(源泉徴収票や給与明細)

国民健康保険証は勤務先を証明する書類として取り扱われない可能性が高いため、注意が必要です。

あくまでも在籍確認として提出する書類であるため、勤務先名と本人の名前が明記されたものが必要になります

事前にローン会社や銀行に相談しよう

勤務先によっては「個人から電話がかかってきた場合は、社員の所在を明らかにしない」と定めている会社もあります。

また飲食店などに勤務している場合は、電話対応できない時間帯があったり騒がしくて電話の声が聞き取れないケースがあるかもしれません。

そのような諸事情がある場合は、「電話以外の方法での在籍確認に変更してもらえないか」ということを正直に相談するようにしましょう。

WEB完結で申し込めるカードローンがおすすめ

「一定条件を満たせば基本的に電話連絡なし」としているカードローンもあります。

どうしても在籍確認の電話を避けたいなら、書類のみで確認を済ませてくれるカードローンに申し込むことをおすすめします。

SMBCモビットの「WEB完結」なら、以下の条件を満たせば基本的に本人と職場への電話連絡はありません。
※審査の結果次第では電話がはいる可能性もあります

SMBCモビットのWEB完結利用条件

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに口座があること(本人名義の口座のみ)
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、または組合保険証を持っていること

SMBCモビット

SMBCモビットなら、手続きがスピーディーに行えます。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の銀行口座があれば、申し込みからご利用までネット上で完結!原則として、電話・郵送が来ることはありません。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短30分 -

まとめ

カードローン審査での在籍確認は、審査通過するための大切なステップです。
スムーズに完了してもらえるように、今回お伝えしたポイントをしっかりおさえておくことが大切です。

この記事のポイント

  • 在籍確認は、本人の返済能力を確認するために実施される
  • 電話は個人名でかかってくる(用件も伝えられない)
  • スムーズに終わらせるためには、本人にすぐに連絡がつくような配慮が必要(直通電話を申告するなど)
  • 書類で在籍確認を済ませてくれるところもある

・本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。
・本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
・本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
・当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
・本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
・口コミは個人の感想であり、必ずしも口コミと同様のサービス提供を保証するものではございません。
・規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。