1. キャッシング比較トップ
  2. 記事一覧
  3. カードローンの審査基準とは?全体の流れや審査に落ちやすい人の特徴も解説

カードローンの審査基準とは?全体の流れや審査に落ちやすい人の特徴も解説

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. カードローンの審査は申し込み条件を満たしているか確認する
  2. カードローン審査の流れと仕組み
  3. 消費者金融と銀行カードローン審査の違い
  4. カードローン審査に落ちやすい人の特徴
  5. カードローン審査を有利にするポイント
  6. まとめ

カードローンの審査は申し込み条件を満たしているか確認する

カードローンに申し込みをするときには、各社が定めている申し込み条件を満たしている必要があります。

さっそく、消費者金融カードローンと銀行系カードローン各社の申し込み条件を解説します。

大手消費者金融のカードローン申し込み条件

大手消費者金融である「アコム」「SMBCモビット」「プロミス」「アイフル」の申し込み条件は下記の通りです。

カードローン 申し込み条件
アコム 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
SMBCモビット 満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方
プロミス 20歳以上69歳以下の安定した収入のある方
アイフル 20歳以上69歳未満の安定した収入のある方

大手メガバンクのカードローン申し込み条件

メガバンクである「三菱UFJカードローン」「三井住友銀行カードローン」「みずほ銀行カードローン」は下記の通りです。

カードローン 申し込み条件
三菱UFJカードローン ・契約時の年齢が20歳以65歳未満の国内に居住する個人
・安定した収入と返済能力を有する者
・保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる方
三井住友銀行カードローン ・契約時の年齢が20歳以69歳未満の方
・安定した収入と返済能力を有する者
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)の保証を受けられる方
みずほ銀行カードローン ・契約時の年齢が20歳以66歳未満の方
・安定した収入と返済能力を有する者
・保証会社の保証を受けられる方

ネット銀行カードローン

ネット銀行カードローンの「楽天銀行カードローン」「住信SBIネット銀行カードローン」「イオン銀行カードローン」は下記の通りです。

カードローン 申し込み条件
楽天銀行カードローン ・日本国内に居住の20歳以上62歳以下の方
・毎月安定した収入のある方(または専業主婦)
住信SBIネット銀行カードローン ・20歳以上65歳以下の方
・安定継続した収入があること
イオン銀行カードローン ・20歳以上満65歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方

銀行系カードローンと消費者金融カードローン、ネット銀行カードローンの申し込み条件として、「契約時の年齢や安定した収入」という共通の条件がありました。

安定した収入には明確な基準がありませんが、毎月1回以上の収入を2ヵ月以上得ていることが重要になってくるようです。

つまりパートやアルバイト、契約社員の方でも、毎月安定した収入があればカードローンの審査に申し込める条件を満たしていることになります。

無職や専業主婦の方は無収入という扱いになるので、銀行系カードローンや消費者金融カードローンには申し込めません。

しかし、銀行系カードローンの中には専業主婦でも申し込める商品もあります。

カードローン審査の流れと仕組み

カードローンの審査基準は各社によって異なりますが、カードローン審査の大まかな流れは同じです。

銀行系カードローンも消費者金融カードローンも、「申し込み・仮審査・本審査」という流れでおこなわれます。

スコアリングシステムとは個人の信用度を点数化するもの

スコアリングシステムとは、個人情報や勤務先などの情報をコンピュータが自動的に点数化することです。

スコアリングシステムとは、主に下記の情報から算出されます。

情報の種類 項目
個人情報 ・指名
・年齢
・性別
・生年月日
・電話番号
・固定電話の有無
・メールアドレス
勤務先情報 ・勤務先名
・勤務先住所
・勤務先電話番号
・従業員数
・勤続年数
・雇用形態
・年収
住居・家族形態 ・自宅住所
・持ち家
・子どもの有無
・扶養家族の有無
・ローンの返済額
その他 ・保険証の種類
・他社借入残高と件数
・希望する利用限度額

カードローンの申し込みをするときに、上記のような項目を入力して提出します。
入力した情報に基づき、各社が定めている基準値に満たした場合のみ仮審査を通過できます。

本人情報の確認では在籍確認がおこなわれる

本人情報の確認では、申込内容や個人情報、必要書類の提出が求められます。
カードローンの本審査で提出する必要書類は下記の通りです。

書類の種類 提出できるもの
本人確認書類 ・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・特別永住者証明書
・外国人登録証明書
・在留カード
収入証明書 ・給与証明書
・源泉徴収票
・所得証明書
・税別決定通知書
・確定申告書

カードローン会社によって求められる提出書類が異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

カードローンの審査では、運転免許証や健康保険証の提出が必須です。
また、申込者の希望融資額によっては給与証明書や確定申告書の提出を求められることがあります。

万が一、提出書類に不備があった場合、審査が遅れるだけではなく審査落ちの原因にもなるので、十分注意しましょう。

職場への電話連絡をしないカードローンもある

カードローンの審査では、基本的に申し込み内容を確認する最終段階として、職場への在籍確認がおこなわれます。

在籍確認とは、「その人が本当に申告した職場で働いているのか?」という真偽をするための確認作業です。

アイフルやアコムをはじめ、多くのカードローン会社が電話連絡を採用していますが、SMBCモビットのWEB完結型サービスでは、条件によって職場への電話連絡をしない方法で借入ができます。

職場への連絡を避けたい方は、条件次第で電話連絡を回避できるカードローンを選びましょう。

消費者金融と銀行カードローン審査の違い

項目 銀行系カードローン 消費者金融 ネット銀行カードローン
金利 およそ2.4%~14.2% およそ3.75%~17.95% およそ1.59%〜18.0%
借入額 利用限度額まで(現在では自主規制をしている会社が多い) 最大でも年収の1/3 各社によって異なる
審査時間 最短翌日 最短30分 各社によって異なる

消費者金融カードローンと銀行系カードローンの違いは、銀行法に基づいて審査をおこなっているか、貸金業法に基づいて審査をおこなっているかという点です。

金利は銀行系カードローンの方が低いようですが、比較的審査は厳しい傾向があります。

消費者金融は総量規制に基づいて融資額を決定

消費者金融は、貸金業法という法律が適用されており、そのなかでも「融資額は年収の1/3まで」という総量規制が定められています。

総量規制は違法な高金利の貸付や、利用者の借りすぎを防ぐために定められた法律です。

具体的には下記のような内容です。

・個人の年収の1/3までしか融資を受けられない
・すでに貸金業者からの借入が年収の1/3以上ある場合は融資を受けられない
・申込者本人に収入のない場合は融資を受けられない

例えば、申込者の年収が300万円だった場合、総量規制に基づいて計算すると最大融資額は100万円となります。

銀行系カードローンでは融資額の自主規制がある

銀行系カードローンは消費者金融とは異なり、銀行法が適用されることから総量規制の範囲外ですが、2017年頃からカードローンの審査を厳格化する方針を固めました。

銀行法の自主規制は下記の通りです。

・融資額を年収の1/3に制限
・即日融資の停止
・専業主婦に対する融資を停止
・収入証明書の提出を要求する基準を50万円に引き下げ

つまり、銀行系カードローンは総量規制の適用外ではありますが、自主規制によって最大融資額を年収の1/3程度までにとどめています。

銀行系カードローンが自主規制をおこなった理由

銀行系カードローンが自主規制をおこなった理由は「貸しすぎ」が問題になったからです。

銀行は顧客を増やすためにカードローン貸付競争に陥ってしまい、金利の低さや総量規制対象外を理由に高額貸付をおこなっていました。

返済に困った人たちが続々と自己破産をしてしまう状態が起こったため、日本弁護士連合会が「銀行等に夜過剰貸付の防止を求める意見書」を政府に提出したのです。

このような背景があったことから、銀行系カードローンは総量規制の対象外ではありますが貸付額の自主規制をおこなっています。

消費者金融は審査が早い傾向にある

銀行系カードローンと消費者金融カードローンには審査時間にも違いがあります。結論、消費者金融の方が審査時間は短く、即日融資が可能です。銀行は審査時間が長い傾向にあり、即日融資には対応していません。

項目 平均審査時間
三菱UFJカードローン 最短翌営業日~1週間程度
三井住友銀行カードローン 最短翌営業日~1週間程度
アコム 最短30分~1週間程度
アイフル 最短30分1週間程度
プロミス 最短30分1週間程度
SMBCモビット 最短30分1週間程度

銀行系カードローンは、警視庁から反社会的勢力との取引を排除するために新規融資をする申込者のデータを警視庁に開示することを義務付けられました。

個人信用情報機関への信用情報の開示と、警視庁へのデータベースの照会という手間がかかるので、銀行系カードローンは審査までに時間がかかってしまうのです。

一方で、審査時間は、各社や審査状況によって異なりますが、消費者金融は「審査完了まで最短30分」「融資までは最短1時間」というスピードに定評があります。

どれくらいの時間で審査が完了するのかについては、「審査が甘いと評判の大手消費者金融に申し込んでみた結果【体験談】 | マネット カードローン比較」に体験談が記載されているので、参考にしてみると良いでしょう。

カードローン審査に落ちやすい人の特徴

下記の項目に1つでも当てはまる方は、カードローン審査に落ちやすい傾向があるので注意しましょう。

・安定した収入がない
・金融事故を起こした経験がある
・他社借入件数・残高が多い
・虚偽申告をした

安定した収入がない

どのカードローン会社も安定した収入の基準は公にしていませんが、安定した収入がない方は返済能力が低いと判断されやすくなるので、審査に落ちる可能性がとても高くなります。

特殊な仕事の関係上、数ヶ月間だけ月収が高いような方も「それ以外の月はどうやって返済するつもりなの?」と、返済能力を疑われやすくなるので、審査には不利になる場合があります。

正規雇用者の中でも、会社役員や弁護士などの特殊な仕事をしている人は審査に通りやすく、自営業や水商売のような職業は返済能力が低いと判断されやすいので、審査にも落ちやすくなります

しかし、パートやアルバイトの非正規雇用者でも毎月安定した収入があれば、カードローンの審査に通る可能性は十分にあります。

金融事故を起こした経験がある

過去に自己破産や債務整理などの金融事故を起こした方は審査に落ちやすくなります。
カードローン会社は、申込者の情報をもとに、信用情報機関に問い合わせて金融事故の履歴を必ずチェックします。

しかし、金融事故は一定期間だけ保存される情報なので履歴が抹消されたらカードローン審査を受けられます。

長期延滞や自己破産などの経験がある方は、カードローンの申し込みをする前に信用情報機関に問い合わせて確認しましょう。

情報開示の方法はこちらの記事で詳しく紹介しています。

他社借入件数・残高が多い

他社からの借入件数や借入残高が多い場合は、法律の関係上、審査に通らなくなります。

上述したように、消費者金融は総量規制という貸金業法の法律が関係しており、銀行系カードローンでは銀行法が適用されています。

どちらも、最大融資額を年収の1/3程度までと決めているので、すでに他社との合計で年収の1/3を借入している場合は融資を受けられません。

虚偽申告をした

「融資額を増やしてもらいたいから年収を嘘ついた」「無職だけどA社で働いていると嘘をついた」などの虚偽の申告をした場合は、審査に落ちます。

カードローン審査では、個人情報をもとに提出された情報に虚偽の記載がないか細かくチェックします。

在籍確認や収入証明書の提示によって、これらの嘘はすぐにバレてしまうので提出書類に不備がないようにしましょう。

また、記入ミスも審査において落ちる原因にもなるので、提出する前に必ず確認をしてください。

カードローン審査を有利にするポイント

・希望融資額を少額にする
・勤続年数を増やす

希望融資額を少額にする

はじめてカードローンに申し込む方は、借入希望額を少額にすることがおすすめです。

まずは、借入希望額を数万円に設定しておき、期間内にしっかりと返済をすることで信用を積み上げましょう。

返済実績を作ることで、「この人にお金を貸したらちゃんと返してくれる」という印象を持たれやすくなるので、徐々に融資の枠が増えていく可能性が高くなります。

勤続年数を増やす

カードローンの審査では、年収だけではなく返済能力の高さも重視しており、1つの審査基準となるのが勤続年数です。

勤続年数が長ければ離職率も低いと判断される傾向があり、毎月安定した収入であることの証明にもなります。

簡易審査で借入可能か確認する

アイフルやアコム、SMBCモビットなどのカードローンでは、「年齢」「年収」「勤続年数」「他社借入状況」を入力するだけで、簡易的に審査結果を伝えてくれます。

短期間で複数のカードローン申し込みをすると、審査のときに印象が悪くなるのであらかじめ、簡易的な審査をおこなってから申し込みをすることがおすすめです。

まとめ

この記事では、銀行系や消費者金融、ネット銀行のカードローンの審査の違いについてご紹介しました。

どの商品にも申し込み条件があり、共有の条件として年齢や返済能力が挙げられています。

カードローンの審査が有利になるポイントとしては、希望融資額を少額に設定することや、現在働いている職場での勤続年数を増やすことを意識しましょう。

なお、カードローンの審査に通るかが不安という方は、「カードローンの審査に落ちる人に多い4つの特徴と事例【審査落ちになる理由と借りやすい金融機関は?】│マネットカードローン」を参考にしてみてください。

あなたにぴったりのカードローンを探す

・本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。
・本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
・本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
・当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
・本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
・口コミは個人の感想であり、必ずしも口コミと同様のサービス提供を保証するものではございません。
・規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。