1. キャッシング比較トップ
  2. 記事一覧
  3. カードローンの利用が信用情報に与える影響は?信用情報の開示請求についても解説

カードローンの利用が信用情報に与える影響は?信用情報の開示請求についても解説

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

大久保育子

大阪府出身 関西学院大学卒 新卒では食品メーカーに入社するも3年で結婚で退職、20代後半で某都市銀行で個人営業を経て外資系生命保険会社で10年勤務。お金の不安をなくし自分らしく生きる女性を増やしたいという想いから、どこの金融機関にも属さない中立な立場で提案したいと考えるようになり2019年末に退職。現在はフリーのFPという立場で老後に3,000万円差が着く資産革命『マネーレボリューション』という講座を働く女性向けに主催。

ファイナンシャルプランナー

鈴木裕介

2006年~2011年は東証1部上場のクレジットカード会社に在籍。クレジットカードの勧誘、コールセンター業務を担当。2011年に退職後、保証会社に入社。銀行代理業(ローン、預金口座開設受付等)に4年間に渡って従事。

この記事の目次

  1. カードローンの利用そのものが信用情報に影響を与えることはない
  2. 信用情報に傷があると各種ローンの審査に悪影響
  3. 過去の債務整理も信用情報に記録されている可能性がある
  4. 傷ついた信用情報を回復するには
  5. 信用情報を過度に恐れる必要はない
  6. まとめ

過去もしくは現在もカードローンを利用している人の中には、住宅ローンや自動車ローンなどの各種ローンを検討する方も少なくありません。

そこで気になるのが、カードローンの利用履歴
信用情報にどのような影響があるのか、記事内で不安を払拭していきましょう。

カードローンの利用そのものが信用情報に影響を与えることはない

「カードローンの利用履歴があると信用情報に傷がついてしまう」と思っている方もいるのではないでしょうか。

実は、カードローンの利用履歴があっても、計画的に利用できていることさえ確認できれば、信用情報に影響を及ぼすことはありません

借入したからと言ってローンが組めなくなることはない

カードローンを利用したからといって問題があるわけではありません。
家や車など、高額の買い物をする際に一括で支払いができる人は限られています。多くの人は、ローンを組んで高額の買い物をするものです。

また、カードローンを過去に利用したからと言って、「ローンが組めなくなる」という心配もいりません

ましてや、利用をしたことで信用情報に傷がつくこともありません。

ただしカードローンの利用状況には注意が必要

カードローンが問題になるのは、利用状況に問題がある場合です。
ここでの「問題」とは、「支払いの滞納」を意味します。支払いを滞納してしまうと、自分の信用情報に影響が及びます。

そのために返済が滞ってしまうと、各種ローンの審査に悪影響を及ぼすのです。

大久保育子

ファイナンシャルプランナー|大久保育子

返済遅延にはくれぐれも注意

カードローンを延滞し、カードローンを提供している会社からの電話や郵便はがきによる案内を無視し続けていると最終的には裁判所から強制執行され給与や保有財産を差し押さえられるという大きな問題に発展してしまいます。延滞しないために返済計画をしっかり行うことはもちろん、返済が遅れそうな時はまずは借入先に連絡を入れ相談しましょう。

信用情報に傷があると各種ローンの審査に悪影響

長期間にわたって滞納をしてしまうと 金融事故情報として記録され、クレジットカードの審査や新たにローンを組もうとした際に悪影響を及ぼします。

この金融事故の記録はおよそ5~10年間維持されます。つまり、一度金融事故を起こしてしまうと5~10年の間は常に審査で不利な状況に立たされ続けるということにります。

もし心配な方は、過去5年間に金融事故を起こしていないか振り返ってみましょう。

3ヶ月以上の長期滞納がある人は注意

image

金融事故と見なされる滞納期間は「3ヶ月以上または、61日以上」となっています。この期間で滞納してしまうと、信用情報に影響を及ぼします。

また、長期滞納をしていなくても、「短期間に何度も頻繁に滞納を繰り返している」場合も、信用情報に傷がつく可能性があります。

信用情報に傷が付いてしまうと、他のローンの契約ができなくなったり、クレジットカードの契約ができなくなるなどの弊害が生じるため、注意が必要です。

信用情報でよく耳にする「異動」とは

一般的に約定日から60日支払い遅延の状態になると、自身の信用情報に「異動」という文言が掲載されます。
これは、長期延滞を引き起こしてしまった、もしくは現状引き起こしていることを示す、いわゆるブラックリストのことです。。

審査において、異動情報は信用度合を大きく左右するもので、この記載があればあらゆる審査に通過することはほぼできません。

大久保育子

ファイナンシャルプランナー|大久保育子

住宅ローンや車のローンを組む予定がある人は注意

この状態になってしまうと、住宅ローンや車のローンなど各種融資を受けることも不可能になります。このような状態が完済したあとも5年間は続くので、信用情報としては大きなダメージです。長期延滞してしまったがために住宅購入という人生の一大イベントを実現できなくなる というようなことがないようにしたいものです。

過去の債務整理も信用情報に記録されている可能性がある

債務整理をした人も各種ローンの利用は難しいでしょう。
債務整理とは「支払い額を減額または猶予の手続きをして、今よりも余裕のある状況を作り出す」ことです。

もちろん、債務整理履歴は信用情報機関に金融事故の情報として記録されます。
信用情報に記録された事故情報は一定期間維持されるため、事故情報が維持されている間はどんなローンの審査にも通らないことを覚えておきましょう。

金融事故の記録は5年経てば解消される

過去に債務整理を行った場合、たとえ完済していても新規の融資を受けることは極めて難しくなりますが、いつまでも融資を受けられないわけではありません。

金融事故は、原則5年間信用情報機関に記録されます。
そのため5年を過ぎていれば、また新たに融資を受けることができる可能性は高まります。

過去の金融取引の状況は信用情報機関で確認しましょう

カードローンの利用や滞納の記録など、過去の金融取引の状況は信用情報機関で確認できます。
過去5年間に少しでも心配な心当たりがある場合は、自身で信用情報を確認してみましょう。

「CIC」「JICC」「全銀協」の3社

信用情報機関には「CIC」「JICC」「全銀協」の3社があり、それぞれが扱う情報の領域が異なります。

信用情報機関 領域
CIC クレジットカード系・信販系
JICC
(日本信用情報機構)
消費者金融系
全銀協
(全国銀行個人信用センター)
銀行系

金融機関によって加盟している信用情報機関が異なります。

1人が複数の金融機関を利用している場合、すべての利用状況が同じ1社の信用情報機関に保存されるわけではありません。
それぞれの金融機関は、加盟している信用情報機関に信用情報を記録します。

また、この3社は信用情報を保存している期間も異なります。

掲載条件 JICC CIC 全銀協
61日以上延滞 5年 1年 5年
3ヶ月以上延滞 5年 5年 5年
強制解約 記載なし 5年 5年
債務整理 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 記載なし 5年 5年

これら3つの信用情報機関は、相互に情報共有を行なっています。
そのため自分の信用情報を調べる場合は、どれか1社というわけではなく、3社すべてに保存されている信用情報を開示する必要があります。

インターネットで情報開示すると便利

image

全銀協を除き、インターネット上で情報開示をすることができます。
インターネットでの信用情報開示は、インターネットから申請して開示報告書を確認可能です。

インターネット開示(スマートフォンで開示)|CIC

スマートフォンによる開示申込手続き|JICC

全銀協に対して情報開示を行う場合は、郵送のみとなるため注意しましょう。

本人開示の手続き|全国銀行協会

傷ついた信用情報を回復するには

一度傷ついた信用情報を回復させるためには、早急に滞納・未払い金を完済することがなによりも重要です。

なぜなら登録された信用情報の削除は、完済した日から起算される仕組みとなっているからです

言い換えると、完済しない限り信用情報は永遠に回復しないということでもあります。まずは自分滞納・未払い金などの状況をしっかりと把握して、1つずつ清算していきましょう。

事故履歴が消えるまでローン利用は不可能

残念ながら、信用情報機関に記録された事故履歴が消えるまでは、住宅ローンや自動車ローンなどのローンを利用する方法はありません。また、新しいクレジットカードを作成することもできないでしょう。

ローンを組みたいという人は、事故履歴が消えるのをまずは待ちましょう。

またその間に、収入を安定させておくことも重要です。もし、信用情報が回復した場合でも、滞納時と同じような収入状況ならまずローン審査に通ることはないでしょう。

ですので、定期収入が見込める仕事に転職するなどして、あらかじめローンを組める準備をしておきましょう。

誤った事故履歴は申請することで削除できる

もし、滞納していないのに信用情報に事故履歴がある場合は、信用情報機関に申請することで削除が可能です。
事故履歴に心当たりがない場合は信用情報機関に問合せてみましょう。

また、弁護士に相談することでも削除手続きをしてくれる場合もあります。

信用情報を過度に恐れる必要はない

信用情報という漢字を見ると、構えてしまう人もいるかもしれませんが、過度に心配する必要はありません。

というのも、信用情報というのは悪い情報だけを記載しているのではなく、お金に関するすべての情報を登録しているのです。

例えば、お金を借りてきちんと返済しているのであれば、それはプラスの情報に変わることもあります。それが信用へと繋がり、 金融サービスの審査で評価されることもあるのです。

世間一般の多くが信用情報に登録されている

信用情報は返済の記録だけではなく、借りているという情報も登録されます。 それはカードローンだけではなく、クレジットカードや、その他のショッピングローンであっても登録されるのです。

近年ではクレジットカードをはじめとしたキャッシュレス決済が流行していますが、クレジットカードを持っている人は必ず信用情報に登録されています。

このように信用情報にお世話になっている人は多くいるので、カードローンの利用をしたからといって特段心配する必要はないのです。

返済に遅れないことが信用情報を悪化させないポイント

image

何より重要なのは、借りたお金を滞らせず返済するということです。きちんと返済をしているのであれば、信用情報が悪化することはほぼありません。

これはカードローンに限った話ではありません。クレジットカードで決済した分は、毎月支払う必要がありますし、携帯端末代金を分割して支払っている場合も同様のことです。

カードローンは少額ずつ返済する仕組みになっている

カードローンの返済はしやすくなっています。カードローンで借りたお金は、一括ではなく何ヶ月かに分けて少しずつ返済していく仕組みのためです。もちろんお金に余裕があれば追加で返済することも可能です。

例えば、あるカードローンで10万円借りた場合、毎月の支払いは3,000円から4,000円です。そもそもカードローンというのは、一時的に金欠である人が利用するものですから、返済は何ヶ月かの猶予があります。

返済能力にあった計画的な借入をする必要はありますが、それを心がけているならば、毎月の返済金額が少額のため、払えずに信用情報が悪化するのではと、過度に心配する必要はないでしょう。

カードローンの利用は金融事故を防ぐこともできる

滞納することなく、しっかりと返済できればカードローンの利用を心配する必要はありません。むしろ、どうしてもクレジットカードの支払いを行えない場合などには、カードローンを利用することで金融事故を防ぐこともできます。

支払いを滞納しており、信用情報が危ない方は、カードローンで一時的に立て替えて金融事故を防止することも検討してみましょう。

プロミス

はじめてプロミスで借りる方は、メールアドレスの登録とWEB明細のご利用で、初回借入から30日間利息がかかりません。少ない入力項目で手続きが可能、最短1時間で借りられる場合もあります。

実質年率 審査時間 無利息期間
4.5%~17.8% 最短30分 30日

アコム

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループのカードローン会社です。はじめてご利用の方は、契約から30日間金利がゼロ円。審査回答も最短30分で即日融資にも対応しています。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短30分 30日

まとめ

カードローンを利用することで信用情報は悪化するのか、と疑問に感じる人もいるかもしれません。 しかし、利用するだけでは、悪化しないと言えるでしょう。

そもそも信用情報というのは、お金に関わるサービスの利用記録を登録するものなので、悪い情報だけが残るわけではありません。それは、カードローンに限った話ではなく、クレジットカードやその他ショッピングローンでも活用されています。

重要なのは、滞納せずにきちんと返済をするということです。信用情報で返済遅延の記録があると、ローン審査の際に「返済能力がない人物なのではないか」と懸念されてしまい、審査に落ちる可能性があります。

ただ、カードローンでは、払えないということがないように、毎月の返済金額は少額に設定されていますので、過度に心配する必要はないでしょう。

大久保育子

ファイナンシャルプランナー|大久保育子

クリーンな信用情報を維持

信用情報に傷がつくと新たにクレジットカードを作成できないほか、住宅ローンや車のローンも利用できない可能性があります。そうならいためには返済期限を守り必ず支払うということが大切です。きちんと返済できていれば、大事な審査の際にも落ち着いて審査結果を待つことができます。無理のない借入と確実な返済によりクリーンな信用情報を維持していきましょう。

鈴木裕介

ファイナンシャルプランナー|鈴木裕介

住宅ローンを利用する際は返済比率に注意するべき

もしこれから住宅ローンを利用する予定があり、現時点でカードローン、クレジットカードキャッシングの利用残高がある場合は、銀行が審査に利用する「返済比率」に注意するべきでしょう。返済比率とは、年間借入返済額÷税込年収で計算しますが、年間返済額には、利用する住宅ローンだけではなく、車のローン、クレジットカードのキャッシング、カードローンも含まれます。ちなみに、返済比率は、概ね30~35%以下が、審査通過の条件となっていることが多いです。申し込みする際は、返済比率に注意して、場合によっては利用しているカードローン、クレジットカードキャッシングなどの一括返済をするべきでしょう。

あなたにぴったりのカードローンを探す

SMBCモビット

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

レイクALSA

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

Webで申込むと60日間無利息!

※初めてなら初回契約翌日から無利息

※無利息期間経過後は通常金利適用。

※30日間無利息、180日間無利息と併用不可。

※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。

※ご契約額が200万超えの方は30日無利息のみになります。

※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

≪貸付条件≫

融資限度額 1万円~500万円

貸付利率 4.5%~18.0%

ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方

遅延損害金(年率) 20.0%

ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング

ご返済期間・回数 最長8年、最大96回

必要書類 "運転免許証

※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)

担保・保証人 不要

※商号:新生フィナンシャル株式会社

※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号

auじぶん銀行じぶんローン

誰でもコース:1.38%~17.4%

借り換えコース:0.98%~12.5%

※誰でもコースは、auユーザー限定の金利となります。また、借り換えコースは、auユーザー限定かつ借り換えの場合の金利となります。

・本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。
・本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
・本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
・当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
・本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
・口コミは個人の感想であり、必ずしも口コミと同様のサービス提供を保証するものではございません。
・規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。