1. キャッシング比較トップ
  2. 記事一覧
  3. カードローンでお金を借りるときにチェックすること

カードローンでお金を借りるときにチェックすること

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. カードローンはどのような特徴があるの?
  2. 消費者金融カードローンと銀行カードローンの違い
  3. カードローンを利用するときの注意点とは
  4. 多くの人に選ばれているカードローンはここ!
  5. まとめ

カードローンでお金を借りることを考えているが、どこのカードローンを利用すれば良いか迷っていませんか?カードローンの種類も、消費者金融か銀行かで、特徴が変わってきます。

この記事ではそれぞれ特徴と利用時の注意点について解説しています。自身にあったカードローンを探しましょう。

カードローンはどのような特徴があるの?

カードローンは、個人が利用できて、利便性の高い融資です。

・担保がいらない
・使い道が自由
・限度額内なら何度でも借りられる

主に上記3点のような特徴が挙げられます。

他のローンのように、不動産といった担保を用意せず利用できます。

用途も自由であり、「学費や自動車だけに使う」といった制限もありません。

決められた金額内であれば、必要な時に身近な場所で、お金を引き出せるのもカードローンの特徴です。

消費者金融カードローンと銀行カードローンの違い

カードローンにも、消費者金融カードローンと銀行カードローンで種類が分かれます。

それぞれ特徴があり、メリット・デメリットも明確に分かれています。

自分がどのカードローンにあっているかを確認してみましょう。

消費者金融カードローン

消費者金融カードローンの特徴として挙げられるのが、利便性です。

申し込みから借り入れまで、比較的スムーズに対応してくれます。身近な場所で必要な時にお金をおろせるのも特徴です。

■メリット
消費者金融カードローンのメリットとして、銀行よりも借入までがスムーズな点が挙げられます。急ぎでお金が必要な場合は、消費者金融を利用するのが良いでしょう。

申し込み方法もさまざまなので、自分にあった方法を選択できます。金利がつかない無利息期間というサービスもあるので、短い期間の借入であれば、活用してみてください。

「明日までにお金が必要な人はカードローンを利用したほうが良い4つの理由 | マネット カードローン比較」にて、消費者金融の手続きがまとめられています。急ぎの人はコチラを確認してみるとよいでしょう。

■デメリット
消費者金融のデメリットは、比較的容易にお金を引き出せることです。便利なため、ついつい引き出してしまい、返済に困るケースも少なくありません。金銭感覚が麻痺しないよう、借入と返済の計画はしっかりと立てて利用しましょう。

また、長期で借りる場合は、銀行より利息が多くなります。無利息期間を活用して、賢い返済を心がけましょう。

銀行カードローン

銀行カードローンの特徴として挙げられるのが、安心感です。比較的に知名度が高い銀行の商品ということで安心して利用できます。金利は消費者金融より少し低めになっているのも特徴です。

■メリット
銀行カードローンのメリットとして、低金利な点が挙げられます。銀行の方が消費者金融より金利が安いため、長期で借りる場合は、銀行カードローンを利用する方が利息を節約できます。

また銀行が扱う商品ということで、まわりからのイメージも比較的悪くなく、安心して使うことができます。

■デメリット

銀行カードローンのデメリットは借りるまでに、時間がかかる可能性があります。申し込みから審査で数日かかってしまい、急ぎでお金が必要な場合に対処できません。

急ぎでお金が必要な場合は、消費者金融の利用をおすすめします。

カードローンを利用するときの注意点とは

カードローンを利用するときに、注意するべきポイントがあります。

・申込時に審査がある
・返済が長いと利息が多くなる
・返済の遅延に注意

特に上記の3点に関しては、注意が必要です。

申込時に審査がある

カードローンを申し込む時に審査があり、通らないとお金を借りられません。

審査では、年収や雇用形態、居住状況や借入情報から、返済できる力があるかを判断されます。情報の入力や質問の回答で、間違わないようにしましょう。

また希望金額が多い場合、見合う返済力がないと審査にも通らないため注意が必要です。

返済が長いと利息も多くなる

返済期間が長くなると、利息が多くかかります。カードローンは、毎月少ない金額の返済が出来るので安心です。

その反面、返済期間が長くなるので、その分の利息がかかってしまうため注意が必要です。計画を立てて、効率的な返済を心がけましょう。

返済の遅延に気をつける

カードローンの借入残額が残っていると、他のローン審査に通らない可能性があります。

お金を借りている分、返済する余裕がないと思われてしまうでしょう。また、カードローンの返済に遅延すると、情報が残ってしまいます。

他のローン審査時に、この情報はマイナス評価に繋がるので、返済の遅延には気をつけてください。

多くの人に選ばれているカードローンはここ!

カードローンにも消費者金融や銀行といった種類がありますが、使い方に合わせて選ぶことが重要です。

何を重視するのか別に、多くの人に選ばれているカードローンを紹介します。

消費者金融のカードローン

借入までのスムーズさや利便性を求めるなら、消費者金融のカードローンを使いましょう。

消費者金融カードローンなら、アコムとプロミスがおすすめです。申し込みから借入までスムーズに、対応してくれます。

消費者金融の中でも比較的有名なので、多くの方に利用されています。

銀行のカードローン

金利の安さや安心した運用を求めるなら、銀行カードローンを使いましょう。

銀行カードローンなら、みずほ銀行が取り扱うカードローンがおすすめです。

金利が消費者金融より安く設定されていますし、何より「みずほ銀行」の知名度も高いので、安心して利用ができます。

まとめ

今回は、カードローンでお金を借りるときにチェックすることを解説しました。

どこで借りるのかを適当に選ぶのではなくて、それぞれの特徴やメリット・デメリットを確認しましょう。

カードローンは、消費者金融の商品と銀行の商品で特徴が変わってきます。

自分が何を重視するかに合わせたカードローン選びこそ、賢い使い方といえるでしょう。

・借入までスムーズか
・利便性はあるのか
・金利はどれくらいか

特に上記3点は、カードローンでお金を借りる際にチェックしたい項目です。

自分はどの項目を優先するのかをしっかりと考えて、サービスを選びましょう。

あなたにぴったりのカードローンを探す

・本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。
・本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
・本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
・当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
・本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
・口コミは個人の感想であり、必ずしも口コミと同様のサービス提供を保証するものではございません。
・規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。