カードローン・キャッシング比較

あなたにぴったりのカードローンを探す

会社一覧

都市銀行

ネット銀行

消費者金融

信販会社

地方銀行

新着記事

消費者金融から借りる5つのデメリット【メリットもあわせて解説】

消費者金融から借りる5つのデメリット【メリットもあわせて解説】

お金が必要で消費者金融からの借入を検討しているが、不安。このような方に消費者金融のデメリットを解説。

キャッシングにおすすめのサービス15選|目的別に選ぶ方法も紹介

キャッシングにおすすめのサービス15選|目的別に選ぶ方法も紹介

お金が足りないときに、頼れるのがキャッシング。今回は、利便性が高くお得に使えるサービスを紹介します。

審査の甘いおまとめローンはある?通過基準や申込時のコツも解説

審査の甘いおまとめローンはある?通過基準や申込時のコツも解説

本当に審査の甘いおまとめローンが存在するのか、審査基準や口コミ等を参考に調査。

カードローンの基礎知識

目次
  1. カードローンとは
  2. クレジットカードとの違い
  3. カードローンのメリット
  4. カードローンのデメリット
  5. カードローンの種類
  6. カードローンの選び方
  7. 借り入れまでの流れと仕組み
  8. 申し込みをするときのポイント
  9. カードローンの返済方法
  10. よくある質問

カードローンとは

カードローンとは、クレジットカードの会社や金融機関が提供している個人向けの融資サービスです。

コンビニATMやインターネットを利用して自分の銀行口座への振り込みにも対応しているものが多く、利便性の高さから利用者数を伸ばしています。

カードローンの特徴

  • 原則的に使用用途は自由
  • 原則的に担保や保証人は不要
  • 利用限度額の範囲内なら何度でも借入可能

原則的に使用用途は自由

金融機関が提供している目的別ローンは、住宅の購入や増改築、医療費、車の購入などの用途が決められていますが、カードローンは用途を問われません。

「生活費が苦しいからお金を借りたい」「欲しいものを買いたい」という用途でも利用できます。

原則的に担保や保証人は不要

カードローンは、マイカーローンや住宅ローンほど高額な貸付をしない小口融資です。

そのため貸し倒れのリスクが少ないと判断されていることが、担保や保証人を必要としていない理由として考えられます。

利用限度額の範囲内なら何度でも借り入れできる

審査によって設定される利用限度額までの範囲内であれば何度も借入れをすることができるため、利便性が高いローン商品です。

ただし、借り入れや返済を行う際には手数料が発生する場合もあります。発生した手数料は返済時に合わせて支払わなくてはなりませんので、注意しましょう。

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードの違い

  • カードローンの目的は融資
  • クレジットカードの目的は立て替え

カードローンの目的は融資

カードローンは審査によって決められた限度額の範囲内で、ATMなどを利用して必要な金額を引き出す形で借り入れを行います。

そのためクレジットカードのように、カードそのものを支払いに使用することはできません。

担保をつけないで融資をするので、個人の信用度が重視されており、申し込みをしても審査落ちしてしまうこともあります。

またカードローンは、借りたお金に対して金利に基づいた利息が発生します。

返済時には、借りたお金と併せて利息を支払わなくてはなりません。

クレジットカードの目的は立て替え

クレジットカードは名義人の信用に基づいて、商品購入やサービスを受けるときなどに決済を立て替えることができます。

カードローンのように借金をしているように感じますが、クレジットカードはあくまでも立て替えが目的であり、現金を引き出して借り入れをして、後日返済を行う融資とは目的が異なります。

決められた日に、クレジットカード会社に対して利用した分の代金を支払うシステムとなっており、利用した代金を翌月に一括で支払えば、利息が発生することはありません。

カードローンのメリット

カードローンのメリット

  • 急な出費に対応できる
  • 徹底したプライバシー管理によって周囲に利用がバレにくい
  • 毎月一定額を返済するので返済計画が立てやすい

急な出費に対応できる

カードローンのなかには即日融資に対応している会社もあるため、申し込みをした当日のうちに現金を借り入れできるケースも多くあります。

冠婚葬祭など、どうしても避けることのできない急な出費が発生してしまった状況に最適です。

周囲に利用していることがバレにくい

カードローン会社は利用者のプライバシー管理を徹底しており、カードローンを利用していることが本人以外に伝えられることはありません。

また、Web上で申し込みから返済までを完結できるカードローン会社もあるので、郵便物が自宅に届くことで家族に知られてしまうリスクも回避できます。

毎月一定額を返済するので返済計画が立てやすい

カードローンでは、毎月決められた一定の額を返済します。

もちろん定められた額よりも多く返済することも可能です。

事前にきちんとシミュレーションを行うことで、完済するまでに何ヶ月かかるのか明確になり、返済計画を立てやすいのも魅力的です。

また、金融機関ごとに様々な返済方法があります。

自分の返済しやすい方法を選べるので、借入だけではなく返済もスムーズにおこなえます。

カードローンのデメリット

カードローンのデメリット

  • 返済期間が長くなると支払う総額が増える
  • 他のローン審査に影響を及ぼす可能性がある

返済期間が長くなると支払う総額が増える

返済期間が長くなると、返済総額が増える

カードローンは日ごとに利息が発生するので、借入期間が長くなるほど返済総額が増えてしまいます。

長い時間をかけて少額ずつ返済できることはカードローンのメリットでもありますが、長期的な視点で考えると負担は大きくなりやすいので利用の際は注意が必要です。

他のローン審査に影響を及ぼす可能性がある

カードローンを利用していることで、住宅ローンや自動車ローンの融資に通りづらくなることがあります。

必ず不利になるとは言い切れませんが、借入件数や借入残高が多い場合は返済能力が低いと判断されやすくなります。

個人の利用状況によって異なるので、将来的に目的別ローンの利用を考えている方は、カードローンの利用について慎重な判断が必要です。

カードローンの種類

カードローンの種類

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融カードローン
  • 信販系カードローン

銀行カードローンは利息の負担が比較的に軽い

銀行カードローンとは、銀行が提供しているカードローンのことです。

銀行カードローンの特徴

  • 他のカードローンよりも低金利
  • 審査が厳しくなる傾向がある
  • 無利息期間サービスがない
  • 即日融資ができない

銀行カードローンは、金利の低さを重視する方におすすめです。

金利が高いと返済をする額も増えてしまうので、カードローンの選ぶ際には金利の低さも重要になります。

低金利で利用できる反面、消費者金融をはじめとする他のカードローンよりも審査が厳しくなる傾向があります。

消費者金融カードローンは即日融資に対応

消費者金融カードローンのなかには即日融資に対応しており、最短で審査が30分で完了するスピードが魅力です。

審査が滞りなくおこなわれた場合、当日中に借り入れをすることができます。

消費者金融カードローンの特徴

  • 即日融資に対応している
  • 総量規制が適用される
  • 銀行カードローンと比べて金利が高い
  • 無利息期間のサービスがある

消費者金融カードローンは、すぐにでも借り入れしたいと思っている方におすすめです。

ただし、消費者金融カードローンには、借り入れを年収の1/3までに定める「総量規制」が適用されるため、金額については注意が必要です。

信販系カードローンはクレジットカード会社のカードローン

カードローン専用のカードを発行するタイプと、クレジットカードにカードローン枠をつけるタイプがあります。

信販系カードローンの特徴

  • 消費者金融よりも金利が低い
  • 総量規制の対象になる

信販系カードローンは、少しでも返済額を抑えたい方におすすめです。

消費者金融カードローン同様に総量規制が適用されます。

審査時間は消費者金融や銀行系カードローンよりも遅い傾向があるので、今すぐにお金が欲しいという方には向いていません。

カードローンの選び方

カードローンを選ぶポイント

  • できるだけ低金利のカードローンを選ぶ
  • 借入や返済の利便性が高いカードローンを選ぶ

なるべく返済の負担を抑えられるカードローンを選ぶ

金利が低いほど利息の負担を抑えることができ、返済する額が少なくなるため、カードローン選びの際には欠かせない項目です。

また、借入や返済のときにコンビニATMや振り込みを利用すると手数料が発生するケースがあります。

手数料の設定は各社によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

借入や返済の利便性が高いカードローンを選ぶ

借入はもちろんのこと返済の利便性が高いカードローンを選びましょう。

「なるべく早くお金を借りたい」と思っている方は、即日融資の可否から融資スピードを重視してください。

「店舗に行きたくない」「郵便物が届くと家族に見つかってしまう」「スキマ時間にサクッと利用したい」という方は、Web完結型のカードローンがおすすめです。

返済方法については様々な返済方法があるため、自分の生活スタイルに合わせたカードローンを選ぶことが大切です。

借り入れまでの流れと仕組み

カードローン会社によって異なりますが、審査の大まかな流れは各社で同様となっています。

借り入れまでの流れ

カードローンの申し込みに必要なもの

カードローンに申し込むときは、本人確認書類が必要です。

また、収入証明書も必要になる場合がありますのであらかじめ用意しておきましょう。

本人確認書類
  • ・運転免許証
  • ・健康保険証
  • ・パスポート
  • ・特別永住者証明書
  • ・外国人登録証明書
  • ・在留カード
収入証明書
  • ・給与証明書
  • ・源泉徴収票
  • ・所得証明書
  • ・税別決定証明書
  • ・確定申告書

カードローン会社によって提出書類が異なる場合があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

提出書類に不備がある場合は審査に不利になるだけではなく、審査落ちの原因になります。

在籍確認とは本当に働いているかどうかの調査

本審査では申し込み内容をもとに本人確認書類の提出が求められ、問題がないと判断されたら職場への在籍確認がおこなわれます。

在籍確認とは、「申込者が申告した勤務先で本当に働いているのか?」ということを確認する工程であり、原則電話連絡によって行われます。

カードローン審査において最終段階であると言われており、本人確認がとれると契約に進むケースが多いです。

在籍確認では、カードローン会社であることは伏せて連絡をしてくれるので、第三者にカードローンの利用がわかってしまうという心配はありません。

また、在籍確認のときに本人が電話に出れなくても「〇〇は現在、席を外しております」という回答でも在籍している証明になります。

申し込みをするときのポイント

  • 希望融資額を少額にする
  • 勤続年数を増やす

希望融資額を少額にする

カードローン会社は、申し込む人の返済能力や信用度が明確に判断できないため、少額の融資から始める傾向があるからです。

借入枠を増やしたい場合は、希望借入額を少額で申し込んで返済実績を積み上げましょう。

十分な勤続年数になるのを待つ

勤続年数が長いことで離職する確率が低いと判断されやすくなります。

パートやアルバイトの方でも勤続年数が長いことで安定した収入がある証明になるのです。

カードローンの返済方法

カードローンには以下のような返済方法が用意されています。

自分に合った方法を見つけることで、返済を続けていくことができます。

返済方法メリットデメリット
口座引き落とし
  • ・自動で引き落としされる
  • ・手数無料
・残高不足の場合は引き落としされない
自社・提携ATM
  • ・コンビニやスーパーから返済できるので利便性が高い
  • ・24時間利用できる
・手数料が発生する場合がある
インターネットバンキング
  • ・スマートフォンやパソコンから返済できる
  • ・24時間利用できる
・対応していないカードローンがある
銀行振込・インターネットの操作に不慣れな人でも利用できる・手数料が発生場合もある

カードローンのよくある質問

・本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。
・本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
・本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
・当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
・本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
・口コミは個人の感想であり、必ずしも口コミと同様のサービス提供を保証するものではございません。
・規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。